京都市下京図書館
  

京都市下京図書館長からのご挨拶

千年の大路小路に歴史が息吹く

であい ふれあい町衆のまち おこしやす 下京図書館


 昭和26年、京都市社会教育会館として歴史と文化香る下京区に開館。
京都市の図書館としては、最も古い歴史をもっています。昭和56年に京都市下京図書館と改称され、平成13年には新築移転し新しく生まれかわりました。移転を機に、勤めを終えたサラリーマンやOL、夕食までのひとときを過ごす家族連れに好評です。

 エレベーターで4階に上がると図書館です。エレベーターホールから一歩入ると館内は、児童図書コーナーと、一般図書コーナーが連なった使いやすい構成になっており、広い知の空間に圧倒されます。また、祇園祭りの山鉾町が多くある地域性を生かして、「祭」に関する本を集めた常設コーナーを館内に設けて、多くの利用者の目を引いています。建物の一部は鉾をたかどって地域の景観に調和し、町衆の心意気が伝わってくるような、雰囲気のある図書館です。

 今後も、市民の皆様との信頼を基本に据えて、ますます親しまれる図書館作りを目指していきたいと思っています。

           皆さんのお越しを職員一同、心よりお待ちしております。

                                                            下京図書館館長   潮 田  守 弘 

 Copyright (C) Kyoto City Library.2007.All rights reserved.